代表BLOG

「環境を変える」ということを理解する重要性

今日から新年度という人も多いかなと思います。
TVのニュースでも入社式の様子が報道されており、たくさんの新社会人が期待と不安に胸を弾ませているというところでしょうか。

さて、今日から僕も全く新しい環境で仕事をスタートさせました。

札幌市内中心部にあります、SPACE KANTE(スペースカンテ)というコワーキングスペースの利用を始め、仕事に集中できる環境作りをしています。
SPACE KANTEホームページ
http://space-kante.com/

新社会人だけでなく、今日から新しい職場、環境、人間関係が始まった方もたくさんいると思いますので、今日は環境を変えるとあっという間に変化することについてお伝えしたいと思います。

ひとことで「環境を変える」といっても様々な印象を持つと思います。
例えば仕事の環境、住まいの環境、人間関係の環境、学びの環境などなど。

僕たちは実にたくさんの「環境」の中に身を置いているということをそれほど考える機会そうそう無いのでは?
ですが、その環境のバランスが崩れていると様々なことがストレスとなり、気持ちの面でも体調の面でも思うような状態にならないのです。

なぜそういったことが起きるのか?

それは環境を作り出しているのは誰か?ということをしっかりと理解していないことにあると考えられます。

実は、環境を作り出しているのは「自分」と「他人」の二者しかいないのです。

僕が言う環境とは自然に生まれるものではなく、誰かが作り出しているものであって、それを作り出しているのが二者しかいないということが理解できれば、自分が置かれている環境について分析し、より良くしていくためにできることというのが見つかる可能性が高まります。

 

ではどのようにその環境を変化させることが重要なのか?

それは、あえて違う環境に身をおいてみる=強制的に変化させるということです。

他人が作り出している環境を変えるのはなかなか難しいですが、自分自身が作り出している環境を変化させるのはそれほど難しくはありません。

例えばいつもと違う道を通って帰る。
それだけでも新しい発見があったり、いつもと違うことを楽しむ気持ちを持つなど「違う意識」を持つことが大切です。

旅行に行くとか、美味しいものを食べるとか、自分にご褒美を買うなどの本質的な目的は、何か環境を変えて変化することに楽しみを得るということだと考えられます。

そして、その変化が適度な刺激となり、心身のバランスも整い、より良い仕事や生活に繋がります。

今、自分を苦しめている環境はどんな環境でしょうか?
それは何が原因で起きている状況でしょうか?
どんな環境になったらより良くなりますか?
どんな環境だったら最高ですか?
そのために今自分で変えられることは何でしょうか?

もしもこの4月から、強制的に環境が変わったという人にとってはチャンスでもありピンチでもあると思います。
特に居心地が良く、ストレスを感じなかった人にとっては死活問題にもなりかねません。

ですが、環境は誰が作っているのか?その中で自分自身がより良くできることは何か?変化できることは何か?
そういったことを考え、環境の変化を楽しむことができれば、驚くほど自分自身の変化を感じることになるでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最近の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。