代表BLOG

「死」ということばからポジティブさを引き出す

先日大好きな洞爺湖の湖畔で、Points of Youのカードを初めて引いてみました。
Points of You®の詳細についてはコチラ↓↓↓
https://ikiru-hataraku.com/about-points-of-you

その時に出たカードが、なんと「死」ということば。

一体なんなんだよ!これは!と思いながら、ずーっといろいろなことを考えていました。

昨日ワークショップに参加して、その謎とモヤモヤが一気に解決したので、そのことについてシェアしていきたいと思います。

 

皆さんはこの写真カードと「死」ということばから、どんな印象を受けるでしょうか。

嫌な印象
恐い印象
暗い印象
陰湿な印象
気持ち悪い印象

どちらかというと「ネガティブな印象」を受ける人が多いように思います。

 

最初は僕もそうでした。
しかし、それで終わらないのがPoints of Youの面白いところ。
写真に写っていること、写っていないこと、色味や物、風景、時間軸などなど。
様々な視点でカードを読み解きながら自己対話をすることで、物事の本質に気づくことができます。

なんで青と黄色か?
この木の裏側には何があるか?
そもそもなんで割れた風船か?
ここに吊るされた目的は?
見えないところの風船はどうなっているのか?

昨日まで約1週間、様々なことを考えつつ答えを探す日々でした。

 

そして昨日ワークショップに参加、その答えが見つかりました。

それは【やらなくて良いことはやめる】という答え。

死=ネガティブなことではなく、ポジティブに捉えるとすればどうか?
死は終わりを意味しているし、割れた風船も終わりを意味しているように感じます。

物事というのは、何かや誰かの影響で終わることもあれば、自分の思いや力で終わらせることもできます。
僕自身がこれから目指す生き方や働き方を考えた時、自分の思いや力で終わらせなければならないこと、終わらせたいことというものがあるならば、それはやめるという決断が必要だという答えになりました。

 

僕はどちらかというと「なんでも自分でやりたいタイプ」です。
そうなると、本当に必要な時間が足りない、スキルが足りない、人が足りないなど「足りないこと」に焦点が当たり、やるべきことがぼやけてしまう傾向があります。

これをやめるには、できる人や得意な人にお願いしてやってもらう。
コストをかけてでもやってもらう。
とりあえずやめる。

こういったことを通して、本当に自分がやらなければならないことに集中をしていく。
それが一番大事だということを改めて感じました。

 

この写真カードと死ということばをどう解釈するか?
どう捉えるか?はその人それぞれの視点によっても違います。

皆さんにとってはどんな意味を持つカードになるでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。

最近の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。