代表BLOG

愚痴から始まる改善もあるよね。いや、改善に繋げられたら良いよね。

先日ある経営者と話しをしていた時、「従業員が愚痴ばかり言うんです」という話しを伺いました。

それほど大きく無い会社だと、そういった愚痴も経営者の耳に入ってきます。
そこでその経営者は従業員に「なんでそんなに愚痴ばっかり言ってるんだ?」と聞いたそうです。

その返答と言うのが、

「息抜きですよ」

愚痴を吐き出すことで日頃の息抜きをしているとのことでした。

 

さて、皆さんはこの話しを聞いてどんなことを感じますか?

何言ってるんだこの従業員は!けしからん!と思いますか?
それとも、そうだよねー、たまには息抜きで愚痴を言うのも大事だよねーと思いますか?

 

僕の見解では、愚痴ってあっても良いと思います。
吐き出すこと自体は悪くない。

でもね、それで終わってしまう。
愚痴が愚痴で終わってしまっては全く意味が無いと思います。

 

なぜ愚痴が出るのか?

一番の理由は「不満がある」からではないでしょうか?
頭の中、心の中にある不満要因が言葉になって外に出るのが愚痴だと思います。

このマイナス要素をたっぷり含んだ愚痴を吐き出し続けると、どんどんマイナス思考やマイナス行動に繋がっていきます。
厄介なことに、こうした人は知らず知らずのうちに「周りの人」もマイナスな状態にしてしまいます。
結果雰囲気は最悪、パフォーマンスも上がらない、ただの不満しか言わない人になっています。

これが「愚痴が愚痴で終わっている」状態、いわゆる「悪い愚痴」と考えて下さい。

 

では次に、同じ愚痴でも「良い愚痴」について考えてみましょう。

良い愚痴とは何か?
それは「愚痴を吐き出した後に行動や思いがある愚痴」と考えて下さい。

例えば今の仕事の進め方について同僚と愚痴を言い合ったとします。
それで終われば「悪い愚痴」。

「良い愚痴」というのはその先に「じゃあそれを改善するためにはどうしたら良いか?」という行動や思いがあるか?が大切です。

そもそも「愚痴=不満」だとするならば、その「不」の要因を改善することができれば、不満は解消されるというメカニズムでできています。

ということは、何らかの改善策を見つけることができれば、ぽっと出た愚痴も改善に向けたきっかけに昇華することができるのです。

だからこそ、愚痴を吐き出すこと自体が悪いことでは無く、その先にどういった行動や思いを繋げていくことができるか?が大切なのです。

 

もしも周りで愚痴ばっかり言っている人がいたら、「で、あなたはどうしたい?」「で、あなたはどうなったら良い?」と質問をしてみて下さい。
そこからが「建設的な会話」の始まりになります。

もしかしたら思っても見なかったような改善策が出てくるかもしれません。
それによって様々なことが改善されて、仕事がやりやすくなったり、パフォーマンスが上がったり、会社が成長したり、給与が上がったり・・・。
もしかしたら、思ってもいなかったような「成果」を生み出すことになるかもしれません。

 

たかが愚痴、されど愚痴。
傷の舐め合いのように愚痴を吐き出し合うのではなく、ぜひ前向きに「どうやって改善していこう」という思考で愚痴を言い合うと良いのではないでしょうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最近の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。